ニュース

【2019年4月22日】フィリピンでマグニチュード6.3の地震発生

フィリピンで2019年4月22日、現地時間5時10分頃マグニチュード6.3の地震が発生しました。 震源はフィリピン北部ルソン島で、震源の深さはおよそ40キロとのことです。

私のいるビルも結構揺れて、けっこう怖かったです。

日本のように耐震工事がされていないビルなので、かなり心配でした。

地震が起った場合、職員は外に出て待機していることが多いんですが、広く安全な場所に移動した方がいいと思います。

ビジネス街ですと、周りは高いビルに囲まれているので、さらに大きな地震が来て建物が崩壊した場合、命はないといってもいいでしょう。

今回の地震で大きな被害が出ないことを願います。

今はすでに収まっていますが、フィリピンへ旅行中の方や、在住の方は十分注意なさってください。

Twitterの声

こちらは地震発生時のマニラ ビノンドにあるAnchor Landというコンドミニアムの様子です。

水が上から降ってきていますが、これは屋上にあるプールの水が地震の揺れで地上へと流れ落ちている様子だそうです。

地震があった場合、このように建物の外に出て一時的に避難します。

しかし、周りは高い建物だらけなので、安全と言えるのか疑問です。

クラーク空港では大きな被害が出ているようです。

写真のように建物内部は崩壊しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA